Ustreamプロデューサーの再生に最適なフォーマット/コーデック/ビットレート

Ustreamプロデューサーは.mov .mp4 .avi .wmvのファイルフォーマットに認識できます。

プロデューサーがビデオのフォーマットを認識したら、次のステップはビデオファイルをデコード/Ustreamに配信をエンコードを同時に行えるだけの CPUのスペースがあることを確認しますビデオが途切れたり、切断されたりと不具合が生じた場合、プロデューサーとより適合するように再エンコードする必要があります。

以下は2つの再エンコードに優れた無料プラグラムです:

このプログラムでは、互換性のないファイルの種類をプロデューサーが認識できるファイルに変換することができます。その他、ビットレート、フレームサイズ、コーデックなどの様々なビデオ設定を変更できます。

配信のクオリティやパフォーマンスは、ソースビデオファイル、CPU能力、グラフィックカードによって異なってきます。ベストな配信をするにはそれらを使って実験することが必要になります。

初めはコーデックH.264 と AACとMP4ファイルタイプをお勧めします。

理想としてはビデオのフレームサイズが出力フレームサイズとマッチしていると後でサイズを調整する必要がありません。エンコードされたビデオファイルのビットレートは大体中間のクオリティを選ぶのが最適です。デグラデーションアーティファクトのエンコードを最低限にするためにも、配信ビットレートよりも高いクオリティを選びたいところですが、あまり高く設定すると配信ビットレートを低く再エンコードするのにCPUが対応できないことがあります。

例えば、ファイルが高い解像度1920 x 1280、また非常に高いビットレート25Mbpsにエンコードされているとします。このフィルをただ読み込むだけでCPUに多大な負担がかかり、またエンコーダーはリアルタイムのエンコーディングを保持するためフレームレートを落とす傾向にあります。

言い換えると、640 x 360 @ 800Kbpsで配信予定ならソースファイルは640 x 360 @ 1-2Mbpsが適しているでしょう。Intel i7 CPUのMacを使用しているなら、1280 x 720 @ 2Mbps H.264, AAC、mp4はプロデューサーで使用できるソースファイルとほぼ同じ大きさです。この解像度とビットレートだと通常、明白なエンコーディングアーティファクトはありません。またファイルサイズが小さいのでCPUが入力を何度も読み込む必要がなく、出力のエンコードによりCPUを使うことができます。

違うタイプのソースファイルや配信に使われるエンーディングコンピューターを試すことをお勧めします。

全ての設定をテストし最適な設定を見つけたら、変換ソフトウェアにプリセットとして保存、全てのソースファイル、コーデック、ビットレートを同じファイルタイプに再エンコードします。

Powered by Zendesk