Ustream ProducerでSkypeを配信

プロデューサーのデスクトッププレゼンター機能を使用してSkypeの通話を簡単に組み込むことができます。デスクトッププレゼンターではport 7272を使用します。ファイヤーウォールを使用する場合は、このポートが開いていることを確認してください。

***注意: この機能は、Ustream Producer Studio または Ustream Producer Proでのみご利用いただけます***

1. まず、Skypeを開始しアカウントにログインします。その後、Ustream Producerでショットリストのコンピューターアイコンをクリックし「New Local Desktop Presenter 」を選び新しいショットを追加します。 

2. キャプチャータイプの「Select Window」を選び「Select Window/Monitor」をクリックします。アプリケーションのSkypeを選択。

3. 混乱をさけるためデスクトッププレゼンターのショットのタイトルを変更することをお勧めします。「Local Desktop Presenter 0」をダブルクリックすると変更できます。

4. デスクトッププレゼンターショットに「Skype Desktop Presenter」が表示されます。

5. カメラショットを見つけ、ギアアイコン(歯車)をクリックして設定メニュを開きます。メニュより「Edit shot」を選びます。

6. 現在アクティブなソースが表示されます。プラスサインをクリックしてソースを追加します。

7. 新しいソース「no media」を追加したら、Skype デスクトッププレゼンターを「no media」の上にドラッグします。

8. この2つのショットのサイズとポジションを調節します。ソースのサイズや傾きを調節するには、「Command」と「Option」ボタンを使います。

「Command」を押しながらソースをクリックしマウスを動かしサイズを変更します。

「Option」を押しながら、ソースをクリックしマウスを動かし傾きを調節します。

9. 調節したオリジナルのショットが「Edit window」に表示されます。

Powered by Zendesk