Ustream ProducerでPowerPointプレゼンテーションを配信

Ustream Producerを使ってPowerPointプレゼンテーションを簡単にチャンネルで配信することができます。それには以下が必要になります:

  • Ustream プロデューサー
  • PowerPoint ソフトウェア
  • 2台のモニター
  1. まず、2台目のモニターにディスプレイできる設定になっていることを確認してください。複数のディスプレイ使用法は以下から。Windows /Mac 次に、UstreamプロデューサーとPowerPoint のソフトウェアを開けます。Ustreamプロデューサーをメインコンピュータースクリーンで開き、PowerPointを2台目のモニターに動かします。
  2. Ustreamプロデューサーのコンピュータースクリーンアイコンをクリックします。 

     新しいデスクトッププレゼンターショットを追加するには、「New Local Desktop Presenter」を選択します。
  3. ソースウィンドウが表示されます。「Capture Type」の「Monitor」を選択。「Select Window/Monitor...」をクリックします。ドロップメニュに2つのオプションが表示されます。ここでは「LA1905」が例としてコンピューターに接続したモニターです。 

  4. 混乱を防ぐため、Desktop Presenterショットのタイトルを変更することをお勧めします。「Local Desktop Presenter 1」をダブルクリックするとタイトルが変更できます。最後に「OK」をクリックしソースウィンドウを終了します。

  5. ここでコンピュータースクリーンアイコンをクリックすると、PowerPointショットが表示されるはずです。そのPowerPointショットを選びます。

  6. 全てが適切に設定されると、配信のコンテンツが2台目のモニターに表示されます。次にPowerPointプレゼンテーションを拡大し、コンテンツがモニター全体に表示されるようにします。「Slide Show」をクリックします。このアイコンをクリックするとPowerPointをフルスクリーンにすることができます。ここではじめて2台目のモニターからプロデューサープロダクションへコンテンツを配信することができます。

    注意:複数のショットをスイッチするのにUstreamプロデューサーを使用するには、PowerPointのディスプレイを「Mirror Show」に設定する必要があります。PowerPointの「Slide Show」を選び、「Mirror Show」をクリックします。

    (「Set Up Show」を選択。「Browsed at Kiosk」を選んで「OK」をクリック)

  7. PowerPointプレゼンテーションをフルスクリーンで表示している間、Ustreamプロデューサー内でソースを変更することができます。

Powered by Zendesk