Ustreamのほとんどのコンテンツは自動的に再生されます。追加のソフトウェアをインストールしたり、特別に何もせずにライブ配信と過去の動画を視聴することができます。コンテンツの視聴に問題が生じた場合、以下の解決法をお読みください。

 低いクオリティで視聴を試す

多くの配信は複数のビットレートの選択が可能です。Ustreamプロブロードキャスティングでは、複数のビットレットの設定が可能です。モバイル端末で視聴の場合、その端末用に自動的に調整されます。ラップトップ/デスクトップでの視聴の場合は、環境にあったビットレートを選ぶことができます。

  1. カーソルをプレイヤ上に合わせる。
  2. プレイヤー右下のHDをクリックすると、自動、720, 480, 360, 240と表示されます。
  3. 240を選択しそのビットレートで視聴してみます。クオリティの低いイメージが少し気になるかもしれませんが、帯域幅にあまり影響がなく、また再生するのにCPUの負担が少なくなります。240での視聴に問題がなければ、次の少し高いビットレートを試してみます。

 ブラウザーのアップデート

Ustreamでは最新のバージョンにアップデートされたFirefox や Chromeでの視聴をお勧めしています。最新のFirefox や Chromeはこちらから。Chromeの利点はAdobe Flashがすでにデフォルトとしてインストールされていることです。

配信しているコンピューターと同じ機器で視聴しないようにします。

 Adobe Flashのインストールとアップデート

Adobeサイトにアクセスしステップに従いインストールされたAdobe Flashプレイヤーが最新のバージョンにアップデートされていることを確認してください。視聴する予定の同じコンピューターとブラウザーでこのステップを行ってください。

 インターネット接続と帯域幅を確認

視聴に一貫して安定したインターネット接続は欠かせません。カフェや図書館などで使えるような共有wi-fiネットワークはライブ配信を中断せずに視聴するには信頼性がありません。できることなら共有されていない安定した接続を利用することをお勧めします。

お使いの接続のダウンロードスピードを調べるためにスピードテストをします。接続は常に変動するので、何度かテストを繰り返しダウンロードスピードがある程度安定しているか確認することをお勧めします。720/HD配信を視聴するには、約1.5-2Mbpsのダウンロードスピードが必要です。

可能なら、イーサネットケーブルで接続し、一貫性のないワイヤレス接続の問題を回避することができます。

 コンピューターのリソースを確認

配信が途切れたり、止まってしまう原因は、配信側または視聴側のCPUリソースが足りない可能性があります。古いコンピューターのグラフィックカードでは、ライブ配信や動画をエンコード/デコードするのに対処できないことがあります。CPUの負担を軽くするため、配信中視聴中は使っていないアプリケーションやブラウザータブ/ウィンドウは閉めておくことを勧めします。

Ustreamコンテンツを、特にHD配信は、視聴するのにCPUにかなりの負担がかかります。2年以上経っていないデュアルコア(コアx2)システムで単体グラフィック(複合型グラフィックではないもの)カードを搭載しているものが理想的です。Intel Core i3, i5 や i7 CPUsまたは、AMDと同等なものが好ましいです。Netbooksや低電力システムは避けた方が良いでしょう。CPUロードアベレージの確認はタスクマネージャー(Windows) アクティビティモニター (Mac OS)よりできます。

 ハードウェアアクセラレーションの無効化/有効化

Hardware Acceleration

ハードウェアアクセラレーションとは、デコーディング/レンダリングがソフトウェアでされず、スクリーン上で配信をレンダーするのにコンピュータのグラフィックカードが使用されている状態です。この利点は通常再生がスムーズに行われ、バッテリの消耗が少なく、オーバーヒートしにくいことです。いくつかのケースでは、ハードウェアアクセラレーションが正しく機能せず、配信が黒のブランクになったり、画像がブレたりスキップしたりします。このような不具合や、低いフレームレートが再生された場合、以下のステップに従いハードウェアアクセラレーションを有効/無効にしてみます:

  1. プレイヤー上で右クリック
  2. 設定を選択
  3. 左端のスクリーンアイコンのタブをクリック
  4. 「Enable Hardware Acceleration/ハードウェアアクセラレーションを有効にする」のボックスをチェック/チェックを外す
  5. 「Close」をクリック
  6. ページをリフレッシュ

 Ustreamコンテンツが広告ブロックや、ファイヤーウォール、またはローカルネットワークにフィルタリングされていないことを確認

学校や企業環境で視聴している場合は特に、ファイヤーウォールやコンテンツフィルターによってUstreamコンテンツがブロックされている可能性があります。配信動画ではなくブラックスクリーンが表示される場合は、この可能性が高いです。広告ブロックのアプリケーションをインストールした場合はアプリケーションを無効化します。ネットワークの管理者と連絡が取れる、またはご自分でコントロールできる場合は、このコラムを読み、どのポートを有効化するとファイヤーウォールからUstreamをコンテンツを視聴できるか確認してください。VPNをお使いの場合は、VPNを無効化して視聴してください。

よくある問題と解決法

プレイヤーが表示されずただブランスペースが表示されます
ブラウザーのアップデート
Flashのアップデート
配信が何度もバッファリングする、画像が途切れがち、途中で停止する
低いクオリティで視聴する
Flashのアップデート
帯域幅を確認
コンピューターのリソースを確認
ハードウェアエクセラレーションの無効化/有効化
赤い「live」サインがプレーヤーの下方に表示されているのに、ライブビデオプレーヤーの代わりにブラックスクリーンが表示される
帯域幅を確認
フラッシュのアップデート
ハードウェアアクセラレーションの無効化/有効化
低いクオリティで視聴
コンピューターリソースを確認
Ustreamコンテンツが広告ブロックや、ファイヤーウォール、またはローカルネットワークにフィルタリングされていないことを確認
配信が予想していたより低いフレームレートで再生される
帯域幅を確認
フラッシュのアップデート
ハードウェアアクセラレーションの無効化/有効化
低いクオリティで視聴
コンピューターリソースを確認

モバイル端末での視聴

ほとんどのUstream配信は、iOS と Androidデバイスで視聴できます。

無料アカウントは、基本的なモバイル互換性を持っています。Ustreamプロブロードキャスティングでは自動的にモバイル端末用に最適化されます。

無料アカウントでは、一番最初にモバイル端末から視聴した人は配信をローディングするのに30秒ほどかかることがあります。プロブロードキャスティングアカウントでは、どの視聴者もモバイル端末から瞬時に配信を視聴することができます。

モバイル端末での視聴ヒント:

  • iOSのSafariの「プライベートブラウザーモード」で視聴しない
  • 可能なら3G や 4GではなくWi-Fiを使用
  • コンテンツがモバイルブラウザーで視聴できない場合、iOSや Android用のUstreamアプリを使用してアプリ内で視聴してみる
Powered by Zendesk