Ustreamプロデューサーを使って配信

Ustreamプロデューサーの特定のトピックの詳細はこのページ下にリストされています。

まずプロデューサーをダウンロード/インストールします。プロデューサーページより無料でダウンロードすることができます。プロデューサーのより高度な使い方のビデオはこちらから。

  1. プロデューサーを起動しUstreamユーザー名とパスワードを入力してログインします。 
  2. 配信したいチャンネルと解像度を選びます。このウィンドウはプログラム開始時に自動的に開きますが、プロデューサーのOutput > Output Settingsからいつでも開けることができます。またこのウィンドウから「Record my broadcasts on Ustream」(Ustream上に配信を録画)のボックスをクリックし、配信をUstreamに保存する設定をすることができます。
  3. プロデューサーは自動的に内蔵カメラを認識しますが、外付けの動画ソースを「+」アイコンをクリックし加えることができます。カーソルをアイコンに合わせ、カメラのアイコンをクリックします。音声ソース(マイクなど)も同じ方法で加えます。この場合は、スピーカーアイコンをクリックします。
  4. 適切な音声ソースが選択されているかを確認します。確認は配信したいサムネイルの下のギア(歯車)アイコンをクリックし「change audio」からできます。ここでは使用可能な音声ソースのリストが表示されます。適切なソースを選びます。

  5. ここまでの設定が終わったら配信準備完了です。プロデューサーの真ん中の矢印をクリックすると、全ての設定の変更が配信に有効であるか確認することができます。確認ができたら画面左上の「stream」をクリックし配信を開始します。「stream」という文字の横に赤いライトが表示されたら配信中です。その横のボタン「record」をクリックすると、ローカルドライブに配信が録画されます。ご注意:Ustreamプラットフォームには録画されません。

プロデューサーの特定トピック詳細:

Powered by Zendesk