配信の設定には5つの要素があります

  1. カメラ/動画シグナル
  2. マイク/オーディオシグナル
  3. 動画キャプチャー/変換
  4. エンコーディング
  5. インターネット接続

いくつかのストリーミングオプションでは、単一のデバイスにこれらの要素のいくつかまたはすべてを組み合わせます。例えばスマホを使って配信をする場合、スマホにはすでにこの5つの要素が内蔵されています。より高度な配信設定の場合、ニーズを満たすためにこれらの要素を合わせて使用する必要があります。

配信設定

基本設定

すべての配信の要素は、モバイル端末やラップトップのように、1つのデバイスに全て内蔵されています。

高度な配信設定

個別の要素は、ビデオ制作と配信ワークフローにおける優れた柔軟性と専門のために使用されています。

1. カメラ/動画シグナル

 Ustreamで使用できるカメラの種類を参照してください。全ての配信は動画イメージのキャプチャーから始まります。このプロセスはシンプルにモバイル端末やラップトップなどに内蔵されているカメラから、またはプロ用カメラやビデオスウィッチャーの出力シグナルからキャプチャーします。

動画ソース

基本設定

モバイル端末やラップトップの内蔵カメラ、USBカメラ(例)Logitech C920

高度な設定

アナログ、HDMI や SDIカメラ、ビデオスウィッチャーの出力、ビデオキャプチャーインターフェース

2. マイク/オーディオシグナル

オーディオ問題解決ステップを参照してください。

明瞭な音声をキャプチャーして適切な音量で配信をすることはとても重要です。モバイル端末やラップトップの内蔵マイクは、音源が内蔵マイクの近くにある場合は効果的ですが、通常音源の近くに設置できる外付けマイクやPAシステムサウンドボードから直接取り込むのが理想的です。これにはいくつかの方法があります。カメラに直接音声を録音し、その音声を動画シグナルに埋め込み、またエンコーダーに供給します。または、コンピューターの音声入力、キャプチャーカードからの音声入力、USB音声インターフェースから音声をエンコーダーに入力します。

音声ソース

基本設定

カメラ、モバイル端末、ラップトップの内蔵マイク

高度な設定

外付けマイク、オーディオミキサーにルートされた音声やカメラ、コンピューター、ハードウェアエンコーダーに供給された音声

3. 動画キャプチャー/変換

Ustream推薦キャプチャーカードの説明を参照ください。プロ用カメラやスウィッチャーからのビデオフィードを使う、またはエンコーダーハードウェアではなくコンピューターのソフトウェアエンコーダーを使う際、キャプチャーボックスやデジタイズするためのカードを付け加える必要があります。そしてソフトウェアのエンコーダに認識させるため動画シグナルを変換しなくてはなりません。ですが、モバイル端末やコンピューターの内蔵カメラ、USBカメラ、または専用ハードウェアエンコーダーを利用する場合は、追加のキャプチャーデバイスは必要ありません。

キャプチャー

基本設定

モバイル端末やコンピューターの内蔵カメラやUSBカメラを利用する場合は、追加のキャプチャーデバイスは必要ありません。

高度な設定

プロ用カメラを使う場合、キャプチャーインターフェース内蔵のエンコーダーやコンピューター用にキャプチャーカードやボックスを購入する必要があります。

4. エンコーディング

Ustream推奨エンコーダーを参照ください。エンコーダーを使用することにより動画シグナルを取り込み、お使いのインターネット接続に適切なフォーマットに圧縮、それをUstreamのサーバーに送ることができます。多くの配信設定では、エンコーダは放送やスイッチングソフトウェアと統合されています。例えば、Ustreamモバイルアプリ、Ustreamウェブブロードキャスター、Ustreamプロデューサーは全てエンコーダーが内蔵されているので、別のエンコーダーは必要ありません。プロ用のビデオ設定では通常、エンコード用のソフトウェアやハードウェアとは別にキャプチャーとスイッチング用のソフト/ハードウェアが使われます。

エンコーダー

基本設定

UstreamモバイルアプリやUstreamウェブブロードキャスターは全てエンコーダーが内蔵されています。

高度な設定

UstreamプロデューサーやUstream認エンコーダー

5. インターネットの接続

インターネットの接続と推薦エンコード設定を参照してください。

信頼できるインターネット接続は配信を成功させるために重要な要素の1つです。確かな接続がないと配信はできません。

  • 配信開始前に今現在のアップロード帯域幅を確認しましょう。cdn1.ustream.tv/networktest (北/南アメリカのみ)http://speedtest.goo.ne.jp/flash.htmhttp://www.studio-radish.com/tea/netspeed/index.html などで確認できます。
  • スピードテストで確認ができたら、その「アップロード」スピードを参考にエンコーダーのビットレートを設定します。50%以上の可能な帯域幅を使わないよう設定します。

  • 低いクオリティの配信設定は、最低600-800kbpsアップロードスピードで足ります。

  • 普通のクオリティの配信設定は、少なくても1.5Mbpsアップロードスピードが必要です。

  • 高いクオリティ、HD配信は4Mbps以上のアップロードスピードが必要になります。

Ustreamモバイルアプリ、UstreamウェブブロードキャスターやUstreamプロデューサーで、帯域幅の広いインターネットを使う場合、エンコード設定を変更する心配はありません。ですが、もし他社のエンコーダーや配信のクオリティを高めたい場合は帯域幅を確かめ、それに応じて正しいビットレートを設定する必要があります。

インターネット

基本設定

4GやWiFiなど利用可能な接続

高度な設定

広い帯域幅にイーサネット接続

Powered by Zendesk