ソーシャルストリームを使用

Ustreamでは、通常のチャットボックスの他にユニークなチャットシステムをを提供しています。それがソーシャルストリームです。全てのチャンネルで視聴者また配信者とも会話ができます。メッセージを送信し、ソーシャルネットワーク上に配信についての投稿をすることができます。またチャットの身元情報もコントロールできます。ソーシャルストリームのインターフェイスは最初は分かりにくいかもしれませんが、基本的に次の2つの質問に集約されます:どのユーザー名で会話ができるのか?投稿したメッセージはどこに表示されるのか?

どのユーザー名で会話ができるのか?

ソーシャルストリームでは、Ustream/Facebook/Twitter/Mixiのいずれかのユーザー名を使ってメッセージを送信することができます。どのユーザー名を使用して投稿するかは、メッセージ記入欄のアイコンのドロップダウン矢印をクリックして選択します。Facebook、Twitter、Mixiのユーザー名を使用するには、Ustreamアカウントがそれらのサービスに連携されている必要があります。この設定は、ダッシュボードのユーザー情報設定>ソーシャルアカウント連携より行えます。 ドロップダウンメニュの名前とアイコンを選択します。選択後、全てのソーチャルストリーム上の投稿に選択したサービスのアイコンとユーザー名が表示されます。

投稿したメッセージはどこに表示されるのか?

全てのソーシャルストリーム上に入力したメッセージは、デフォルトで投稿した先のチャンネル(Ustream)に表示されます。ですが、Facebook 、 Twitter、Mixiにもメッセージを投稿することができます。メッセージ記入欄の下のサービスアイコンをクリックして投稿先を選択します。クリックしたアイコンは色が変わります。その選択したサービスにソーシャルストリームから直接メッセージを送ることができます。

Powered by Zendesk