Ustream アライン ダッシュボード - 統計コンソール

メトリックコンソールでは、ライブ配信の視聴状況を追跡したり、過去の配信の視聴者数を取得することができます。統計コンソールには、ダッシュボードの概要ページから直接入力、またはダッシュボードの左側にある適切なチャンネルのメニューから個々のチャンネルのメトリックリンクから入力することができます。メトリックコンソールの内部に入ると、右上のドロップダウンメニューからチャンネルを変更できます。

左上のタブから、ライブ配信のリアルタイム統計と過去の配信の統計を切り替えることができます。

ライブ配信

まず、ライブ配信コンソールを見てみましょう:

このグラフは、ライブ配信の同時視聴者数をリアルタイムで表示します。また、チャンネルの合計視聴数のリアルタイムアップデートに切り替えることもできます。

このチャートの下には、配信に関するさらに詳しい情報が記載された項目があります。

地理別分布

地理別分布図には、各国の視聴者数の内訳が表示されます。上記のグローバルヒートマップと以下のリストで表示されます。

Screen_Shot_2017-05-04_at_1.26.02_PM.png Screen_Shot_2017-05-04_at_1.26.22_PM.png

埋め込み先ドメイン

埋め込みドメインの項目には、Ustreamプレイヤーが埋め込まれているドメインと、各ページの同時視聴者の数が表示されます。

Screen_Shot_2017-05-04_at_1.27.04_PM.png

デバイス

デバイスの項目には、デスクトップ、モバイル、またはその他のデバイスタイプによる視聴者の分布が表示されます。この情報は、円グラフとリスト形式の両方で入手できます。

Screen_Shot_2017-05-04_at_1.27.23_PM.png

過去の配信

次に、過去の配信ビデオで利用できる分析データを見てみましょう。

Screen_Shot_2017-05-04_at_1.28.14_PM.png

左側の列では、グラフに表示するデータが選択できます。この例では、合計視聴者数強調されていますが、同時視聴者数、視聴のべ時間、ユニーク視聴者数、視聴先のロケーション、またはデバイスの種類によって視聴率を細分することもできます。また、プレーヤーが埋め込まれている各ドメインの視聴者数の内訳を見ることもできます。データはグラフの下の表の形式でも利用でき、またCSVファイルとしてダウンロードできます。

グラフの上には、グラフ自体に表示されるデータの日付範囲を変更できるドロップダウンメニューがあります。3か月以上の期間を選択することはできません。また現在の日付より18ヶ月以上前のデータは表示することはできませんのでご注意ください。

Powered by Zendesk